• JPY
  • JP

シャトー・リューセック・ソーテルヌ 白 2001年

ID: 6191746
¥18,355.98
在庫切れ


概要
18世紀、ドメーヌ・ド・リューセックの所有権は、ランゴン市のカルメル会修道院修道士にありました。その後、フランス革命によってドメーヌ所有権は没収され、1790年頃、「国有資産」として競売にかけられました。それを購入したのが、当時、レオニャンのシャトー・ラ・ルーヴィエールを所有していたマレイヤック氏でした。1855年の格付け制定時、シャトーの所有権はメイヌ氏にありました。テロワールの品質の高さが認められ、リューセックは、ソーテルヌおよびバルサック格付け第一級に認定されました。その後、幾度かの所有者交代がありました。シャルル・クレパン(1870年頃)、ポール・デフォリ(1892年)、バニル氏(1907年)、そして ガスクトン家(サンテステフ地区シャトー・カロン・セギュールの所有者)。戦時中はP.F.ベリー(ブーゼ子爵の義兄弟でアメリカ市民)、バラルスク氏(1957年)、そして最後にソーテルヌ の「甘口ワイン」に情熱を注いだアルベール・ヴュイエール(1971年)が経営権を取っていた時代もあります。1984年、ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト(ラフィット)がリューセックを購入します。当時の面積は、68ヘクタールのブドウ畑を含 む110ヘクタールでした。シャトー・リューセックの畑のポテンシャルを最大限引き出すため、入念にブドウ粒を収穫する工程を整備し、樽内での醗酵を行なうことで、グラン・ヴァンのブレンドを行なう際に、より研ぎ澄まされた精度の高いセレクションが可能になります。1989年には、樽育成期間が長期化するに従って、新たに育成庫が必要とされ新設されます。より厳格に選別を行なった結果、1990年代のグラン・ヴァンの生産量は激減し、1993年には品質が十分ではないと言う理由でグラン・ヴァンの生産は行ないませんでした。1977年および最近では2012年も同様の措置が取られています。2000年以降、育成庫の改築および醸造庫の新設が進められ、ブドウの除梗・破砕や圧搾機にも技術的改善が加えられるなど、これらは1985年から続く、品質向上事業の一環を成しています。工程初期の厳格なセレクションが、1988年、1989年、1990年の3大ヴィンテージを生み出します。また、1995年から2005年までの10年間は実に輝かしいヴィンテージが続き、その努力は戴冠の域に達します。1996年、1997年、1999年、2001年、2003年、2005年…これらのヴィンテージに関しては、時を忘れた熟成が期待出来そうです。シャトー・リューセック2001年は、『ワイン・スペクテーター』誌の2004年度「今年のワイン」に選出されています。
Characteristics
白ワイン
タイプ

白ワイン

13.5
アルコール度

13.5

75cl
サイズ

75cl

ボルドー
生産地

ボルドー

7-14ºC
注く温度

7-14ºC