• JPY
  • JP

ロマネ・コンティ・リシュブルグ・赤 2015年

ID: 6191563
¥493,623.79
在庫切れ


概要
1232年に、ヴォーヌのサン・ヴィヴァン修道院が1.8ヘクタールのワイン畑を手に入れた。1631年、この畑はクローネンブール家(de Croonembourg famille)が購入したが、この一家は理由は不明だが畑の名前をロマネと改名した。同時にこの一家は隣接するラ・ターシュのブドウ畑も手に入れた。1760年、アンドレ・ド・クローネンブールはこの醸造所を売る決心をしたが、フランス王ルイ15世の愛妾ポンパドゥール夫人とコンティ公ルイ・フランソワ1世の間で競売にかけられた。その結果コンティ公が落札し、このブドウ畑はロマネ・コンティという名で知られるようになった。しかし、フランス革命時に、コンティ公の領地は差し押さえられ、競売にかけられた。ロマネ・コンティのブドウ畑はニコラ・デュフェール・ド・ラ・ヌール(Nicolas Defer de la Nouerre)が購入したが、1819年にはジュリアン・ウーヴラールに78,000フランで売却した。1869年、この畑はジャック=マリー・デュヴォー=ブロシュが購入し、エシェゾー、グラン・エシェゾーおよびリシュブールの地所の獲得で今日知られている醸造所を造った。9.43ヘクタールのロマネ・サン・ヴィヴァンの畑は1791年に、幾何学者ガスパール・モンジュの義子にあたるニコラ=ジョゼフ・マレーが購入した。マレー=モンジェ家は1898年に畑の一部をラトゥール家に売却し、残りの5.28ヘクタールを1966年にドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティに貸し、最終的に1988年に醸造所に売却した。この最後の取引のために、醸造所のエシェゾー、グラン・エシェゾーの売却および賃貸借契約付き売却で資金調達をした。ナポレオンの将軍の一人、ルイ・リジェ=ベレールはよいブドウ畑を手に入れることを決めた。そして1815年、彼は息子ルイ=シャルルとともに、ラ・ターシュ全てを含む40ヘクタールの最高の畑を手に入れた。1933年までに、この畑は24ヘクタールまで減少し、相続でもめた結果、リジェ=ベレールはラ・ターシュを醸造所に売却した。この醸造所はデュヴォー=ブロシュの時代から隣接する4ヘクタールのレ・ゴーディショのブドウ畑をすでに所有しており、1936年の相続問題の後、この畑とラ・ターシュを合わせてラ・ターシュの「グラン・クリュ・モノポール」とした。
Characteristics
赤ワイン
タイプ

赤ワイン

13.5
アルコール度

13.5

75cl
サイズ

75cl

12-18ºC
注く温度

12-18ºC