• JPY
  • JP

ルイス・パトー・バガ・発泡性ワイン・ブリュット ロゼ

ID: 9100024
¥949.61
在庫切れ


概要
パトー(Pato)家は少なくとも18世紀からキンタ・ド・リベイリニョ(Quinta do Ribeirinho)でワインを生産しています。 ジョアン・パトー氏(João Pato)は1970年にブドウ畑からワインの瓶詰めを始め、分界後はBairrada地域で最初の生産者/瓶詰め業者となりました。彼の息子ルイス・パトー(Luis Pato)は彼の革新的、先駆の精神を受け継ぎました。 1980年には彼の最初ワインを生産しました。 このワインはユニークな葡萄種としてのバガ葡萄(BAGA)で酒造され、非常に優れた品質と絶対的な希少性を持っています。1985年に彼は バイラーダ(Bairrada)で2つの革新を始めました:それはぶどうの茎を取って赤ワインを造ります。 そして新しいフレンチオーク樽でワインを熟成させました。ブドウネアブラムシ前のワイン品質を理解するため、1988年には「自立ブドウ畑」(接ぎ木のないブドウ)を植えました、そして国の最初の古いブドウ畑ワインを生産します。60ヘクタールのブドウ畑には、赤の品種で「バガ」、「トゥリガナシオナル」、「ティントカオ」、そして白の品種で「マリアゴメス」、「ビカル」、「バイラーダのシェルシアル」、「シェルシアリニョ」の各品種が植えられています。
Characteristics
12.5
アルコール度

12.5

75cl
サイズ

75cl

バイラだ
生産地

バイラだ

Luís Pato
生産者

Luís Pato

5-10ºC
注く温度

5-10ºC