• JPY
  • JP

グレンフィディック・21年・ハヴァナリザーブ・ラムカスクフィニッシュ(オールドボトル)

ID: 2060528
¥46,616.88
+
-
概要
グレンフィディック蒸留所は1886年にスコットランド、フィディック川の渓谷にあるダフタウン にてウィリアム・グラントにより設立された 。グレンフィディックのシングルモルトウイスキーは1887年のクリスマスの日に蒸留器からはじめて生産された。1920年代には、アメリカで禁酒令が施行されたため、グレンフィディックは生産を増加させたごく少数の蒸留所のひとつとなった。そのため、禁酒令の廃止とともに良質な熟成されたウイスキーの需要が突然高まると蒸留所は確固たる地位を築くことになった。50年代に、グラント一家は現地に銅製の蒸留器を維持する銅器職人や現在蒸留所ではほとんど見られなくなった専任の樽屋などの下部組織を設置した。1956年にはグラントのブランドはHans Schleger によってデザインされた今では代名詞となった三角形のボトルを世に送り出した。1960年代と70年代はウイスキー製造業にとって困難な時期であり、多くの小さな、独立した蒸留所が買収されたり廃業したりした。この時期を生き残るために、W・グラント&サンズは飲料の生産を増加させ、広告キャンペーンを行ったりビジターセンターを設置したりするなどの活動を行った。この時代にはまたシングルモルトを独自にプレミアムブランドとしてマーケティングすることを決定し、これが現代におけるシングル・モルト・ウイスキーという分野を作り上げることとなった。後に、W・グラント&サンズはボトルを筒状容器や贈答用の缶容器でパッケージングしたり、酒類の免税マーケットにおける重要性を認識したりした最初の蒸留所のひとつとなった。この市場戦略は功を奏し、グレンフィディックは世界で最も売られたシングルモルトとなった[12]。グレンフィディックは世界180か国で販売されており、シングルモルト売り上げの35%を占めている。グレンフィディックは現在ウィリアム・グラントのから数えて五世代目の子孫によって経営されている。2014年9月には、W・グラント&サンズ はドランブイを買収することで合意した。買収額は発表されていないが、10億ポンドあたりと見積もられている。
Characteristics