• JPY
  • JP

ホワイトアンドマッカイ・30年

ID: 2050037
¥50,309.51
+
-
概要
ホワイトアンドマッカイとは、このウイスキーを生み出した2人の人物、ジェイムズ・ホワイトとチャールズ・マッカイの姓を合わせたもの。 ジェイムズ・ホワイトは、アラン・ポインターという1844年創業の酒類取扱業者の支配人として働いていたが、1882年、ウイスキー業界に進出のため、友人のチャールズ・マッカイと協力して新会社を設立。ほどなくして「ホワイト&マッカイ・スペシャル」というブレンデッド・スコッチを世に送り出した。 現在、ホワイトアンドマッカイ社は、ハイランド・モルトのダルモア、フェッターケン、スペイサイド・モルトのトミントールの3蒸留所を所有している。 ダルモアは、ピート香ののったリッチな味のモルト。 フェッターケンは、まろやかな香味をもつミディアム・タイプのモルト。 トミントールは、ライトでデリケートな香味をもつ現代的なモルト。 こうした蒸留所のモルトをベースに、約35種のモルトをヴァッティングし、オーク樽で半年マリッジ(結婚)させる。その後、グレーンを配合して、再びオーク樽で数ヶ月マリッジさせるのだが、このダブル・マリッジにより、シルクのようななめらかなホワイト&マッカイの特徴が生まれてくるといわれている。 なお、熟成用の樽には、シェリーの空樽も使われている。そのため、ウイスキーは色調が濃い。また味わいにもシェリー風味がわずかに感じられ、それがこのウイスキーの風味のアクセントになっている。 1998年より、世界的にパッケージ・リニューアル品が販売された。 100年近い伝統と名声をもつブランドが、パッケージ変更をするのは大変なこと。21世紀に見すえた同社の大胆かつ画期的な戦略といえる。 モルト香、シェリー香のバランスが良く、フルーツ香も豊富。 香り高く、スムースでコクのある飲み口が特徴です
Characteristics
ウイスキー
ブランデー

ウイスキー

40
アルコール度

40

70cl
サイズ

70cl