• JPY
  • JP

ポール・ジャブレ・エネ・エルミタージュ・ラシャペル 赤 1973年

ID: 6190328
¥144,552.61
+
-
概要
1834年にタン・エルミタージュに創立された、この地方を代表する生産者の一つ。「ラ・シャペル」を所有していることでも有名です。ポール・ジャブレ・エネの歴史は1834年にアントワーヌ・ジャブレによって始まりました。ローヌ渓谷の恵まれたテロワールとワイン造りへの情熱はその次の世代である、ポールに受け継がれ、 「ポール・ジャブレ・エネ」として7世代にわたり、ローヌのエルミタージュを本拠地として卓越した品質のワインを造り出しています。パーカー五つ星ドメーヌ としても評価が高く、フランス国内はもとより、世界中の一流レストランでオンリストされています。偉大なワインはブドウの樹から生まれるとして、ブドウ栽培に非常に力を入れています。約100haのブドウ畑は、伝統的なぶど う栽培方法が採用され、キャノピー・マネージメント(樹冠管理)、摘房、剪定、収穫すべてが手作業で行われます。 また、除草剤の使用を禁止し有機肥料を採用。土壌の微生物の活動を活発にし、ブドウ樹が地中深くに根をはれるようにして、土壌にある天然の様々な 栄養分を吸収させ、テロワールを反映したワイン造りを進めています。 また、特徴的なのが天然の理想的なコンディションの洞窟で木樽でワインは熟成されます。シャトーヌフ・シュール・イゼールにある17haの砂岩の 洞窟は紀元前121年にローマ人によってつくられたもので、1886年まで採石が行われていた場所です。ポール・ジャブレ・エネは1992年に最 高級ワインを天然の理想的なコンディションで熟成させるためにこの地を購入しました。この洞窟には、1,200個を越す木樽が熟成されています。
Characteristics